迷路の街・アマルフィ

イタリア南部のリゾート地として知られるアマルフィ。

この街を訪れたのは、数年前のことでした。
イタリア建築史の公開講座に参加したときに、この街の面白さを知り、法政大学教授の陣内先生の本を読んで、ぜひ一度訪れてみたい、と思ったのがきっかけ。

アマルフィへのアクセスは、ソレント半島をバスで行く方法と、サレルノから船で行く方法の2つがあるのですが、オススメは海からのルート。

アマルフィはかつて海洋国家として名をはせた街ですから、やはり、そんな時代に思いをはせながら、ゆっくりとアマルフィに近付いていくのが一番です。

海からみたアマルフィの景色がこちら。

画像


断崖にへばりつくように建てられたこの街は、なんとも不思議な造りをしていて、まさに「探検」気分で楽しむことができました。

さて、どんな構造をしているかは、次回からご紹介します!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック