アマルフィの大聖堂

アマルフィ旧市街への入り口、ポルタ・デッラ・マリーナをくぐっとしばらく歩くと、街の中心地である大聖堂(ドォーモ)前広場に出ます。

広場から大聖堂を見上げた姿がこちら。

画像


私が訪れたのは8月中旬の、まさにバカンス・ピークシーズンでしたから、広場には夜遅くまで人がいっぱい! 街を散歩したり、バールで軽く一杯飲んだり、ジェラートを食べたり、あたりを走る回る子供などが、あちこちで見られます。

アマルフィの大聖堂は、他の街の大聖堂とは少し雰囲気が違っていて、どこかイスラムの香りが残る独特なスタイル。鐘楼にはめ込まれた色鮮やかなタイルが今も印象に残っています。

でも・・、アマルフィの面白さはこれだけではありません!
なんといっても、街の構造がとてもユニークなのですが、続きはまだ次回に。

この記事へのコメント

2007年03月14日 23:56
こんばんは。私のブログにコメントくださってありがとうございました。
1997年にモンテプルチアーノの学校でご一緒させていただいたハナコです。ホント、懐かしいです。
私は2週間しか滞在しませんでしたが、eriさんのお宅で天ぷらをご馳走になりました。放課後もあちこちに遊びに連れていっていただいたのを覚えてます。息子さん、大きくなられたでしょうねぇ。一緒に撮った写真、今でも持っていますよ。

この記事へのトラックバック