カーニバルを盛り上げる(?)、ロバたち

カーニバル当日に開かれた「青空トラットリア」のそばには、こんな可愛い姿が・・・!

画像


なんと、ロバです。(撮影の角度が悪くて一頭だけに見えますが、すぐ後ろにもう一頭います)


テーブルが並べられた場所のすぐそばに小屋が作られていて、2頭のロバがのんびり干草を食べていたのですが、どうしてこんな場所にロバがいるのか、最初はビックリ!


どうやら、このロバたちもこの日のカーニバルを盛り上げる役目を担っていたようです。

観光客に囲まれ次々と写真を撮られても、どこ吹く風~、でのんびりハモハモお口を動かしています。
その愛くるしいことと言ったら! 
目がとっても可愛くて、なんだか「ほのぼのした雰囲気」を醸し出していました。



イタリアの田舎では、ロバはそれほど珍しい存在ではなく、農家でなくても自宅に広い庭があればそこで飼っている、という家庭もあるようなのですが・・・、

(余談ですが、トスカーナの友人の家でもかつてロバを飼って、その名はなんとペテロとパウロ。聖人の名前なんて付けていいの~、大胆すぎない~~、と突っ込んでおきました!!)

とはいえ、可愛いロバたちは大人気。特に子どもたちはロバの周りに集まって、そんな様子を写真に取る人もたくさんいました。

もちろん私と姉も、バッチリ記念撮影。
ロバと一緒に写真を撮るなんて、日本じゃめったにないことですものね~。





南イタリアへ!―地中海都市と文化の旅 (講談社現代新書 (1446))
講談社
陣内 秀信

ユーザレビュー:
南イタリアを建築門家 ...
“決定版”でしょう! ...
この本読んで南イタリ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック